経営者として売上利益げるためにやる事③(入社時教育)

つぎにポイントは

初日にあいさつをしっかりやること

大きな声が初日に出なければ永遠に出ません

conbinidonuts_soft

少しでもでたら、褒める

出なかったら競合を見に行く、先輩を見る

できたら褒める

なかなか高校生はできませんが

なぜ挨拶をするのかが理解できれば、少しはできるはず

あとは少し接客の仕方やレジの打ち方を理解してもらって

作成している問題集を渡します

その問題集は今日学んだことが穴埋めで書いてます

また答えも渡します

そして次の出勤の最初にテストします

90点取れれば合格

このテストをするしないは新しく入った従業員の知識習得のスピードが断然違いますし

また振り返らなくてよい

結果として教育にかける時間やコストが下がります

というような形で1週間を過ごし

ようやくお店デビューです

この研修の期間、できていないことはできるまでやらせます

中途半端で売場に出しません

出来ない店舗のオーナーはもっとも重要である入社時の知識習得が不完全のままお客様と接客させることで

接客レベルが下がり、下がったレベルの店舗にまた新規採用で従業員が来るとさらにさがる

それでは挨拶もしないし、催事も獲得しないし、あげものも売らない従業員が出来上がってしまします

一度出来上がった負の連鎖は

従業員を一新するなどしないかぎり不可能に近いです

ですから本当は全員が初めての勤務であるオープン時研修での

知識習得が全員できていることが望ましいです

この研修でできていることは褒めて、できていないことはできていないとはっきり言うことです

ただ褒めるのを80 できていないは20くらいで

ときにはバックルームで泣いてしまうこともしばしばありますが

適当な教育で出すようにしないでください

適当な教育の積み重ねが、人がいないからすぐレジに出す行為を招いて

なにも声をかけられないで、やりかたも分からないレジを適当にやって自分なりに覚えて、仕事を教えてもらえなく

3日後には無断欠勤・・・に繋がります

業務の効率を上げること

お店の細かい部分まで配慮してすべての面であらゆる競合店に勝つには

一言でいうとお店の運営レベルを上げる必要があります

それをオーナー、店長が24時間寝ないで維持するのか

仕事を分担して従業員が行うのかはすべてオーナーの手腕にかかっています

出来れば、オーナー、店長が関わらないでも勝手に回るお店になることが理想ですよね?

そのためには本日入社した新人でも10年経ったベテランと同じ仕事の質で行うことが出来るようにする必要があります

要は時間帯ごとの作業スケジュールと一つ一つの作業の出来栄え基準です

運営レベルの高い店舗は

オーナーと店長がこの作業スケジュールと出来栄え基準を四六時中考えていて

従業員がすべてを回している店舗が多いです

できあがった作業スケジュールどおり、一定の出来栄え基準で誰もが出来るようになれば

その作業一つ一つの時間を圧縮して、さらに別の作業をしていく

そうすることで運営レベルの高いお店が出来上がっていきます

このプロセスをルーチンで回せるかどうかここが非常に重要です

難しいのは一つ一つの作業を毎日毎日、出来栄え基準以上に決められた時間内にできるかです

やっているのは人間なので、だんだんできない、やらなくなってきます

それを支えるのが評価制度であり、オーナー、店長による確認です

確認とはほめるのではなく、決められた業務をやっているね!と

個人に対して言うことです

出来ているね!

またはできてないね!どうしたらできる?(どうしてできない?とは聞かない)

個人ごとに行っていることを細かく見てできているところは確認そして承認します

一方で商品はまずはお客様が欲しい商品を品切れさせない事

毎日毎日、天気をみたり、イベントを調べたり、競合を見に行ったりしていることは

自店の商品を品切れさせないためにしていることです

おにぎりであれば土日に客数が上がる店舗であればおにぎりの在庫を増やさないと品切れしてしましますよね

だから前年の販売数をみて目安を立てたり、天気を見て前年が雨で今年は晴れであれば昨年よりも発注が増えるとか

この品切れを毎日毎日なくなるようにやっていて

カテゴリではなくて、単品レベルですべての商品が常に置いてあるように

在庫が1個でもあるようにあるようにするのが、発注の基本中の基本です

これらのことが基本で

そこに色々なことがくっついて毎日お店を運営してます

本部が言うことの大部分は欲しい商品が多分これで、商品を品切れさせないようにするにはこの発注数です

ということを延々と毎日、毎週やっているだけなのです

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • Im thankful for the article post.Really thank you! Want more.

    by Doris 2018年8月4日 3:11 PM

関連記事

コンビニで揚げ物惣菜を導入する理由は?
GWのおにぎり仕入(行楽立地)
ゴールデンウィークのポイント
おでんセールでおでんを100個販売する方法(2017年)
マスクの売上の上げ方
カップ麺(お椀型)の売上の上げ方
権限とは何か?(2)
大袋のあめ売場の考え方
おせちを100個獲得する店舗のしてること(2018年)
催事獲得できる店舗になるには?
牛乳売場の考え方
おでんセールでおでんを1000個販売する方法(2017年)
絆創膏の売上の上げ方
カップ麺(縦型)の売上を上げるには
食パン売場の考え方

powered by Free WordPress Theme Principle

Copyright © ディズニー好きなコンビニ経営者ブログ All Rights Reserved.

Menu

HOME

TOP